集合住宅の防音には専用のインテリア用品がお奨め

集合住宅の防音には専用のインテリア用品がお奨め

戸建て住宅と比べ、周辺住宅への生活音や騒音など、様々な場面で気を遣わなければいけないのが、音に対しての対策です。


音の種類によっては突然のトラブルの素となってしまう可能性もある為、目に見えないものだからこそ、細心の注意を払う必要があります。

これら、生活音や騒音などに対してしっかりとした対策を施すことが、集合住宅に住む方の最低限のモラルやマナーと言えますし、ご近所トラブルなど様々な問題を未然に回避する手段になります。

まず、防音を心がける上で重要となるのが、インテリアなどに使用する道具の選び方です。

それら道具の中でも、特に多くの方が、意外と安易な形で選ばれているのが、カーテンやカーペットです。
特に、カーペットに関しては、階下に住む他人に対しての配慮という意味で、非常に重要な防音手段の一つとなります。

また、最近ではインテリアの一種として、フローリングなどが非常に人気を集めていますが、フローリングなどは、防音という観点から見れば、古くから和室などで使用されていた畳やカーペットと比べると非常に不利な物と言われています。

ですから、フローリング敷きのお部屋をお宅にお持ちの方は、フローリング専用の防音対策を検討する必要があります。
そこで役立つのが、カーペットの存在です。
特に、カーペット内部に静音素材を練り込んだ防音カーペットを敷くだけでも、優れた遮音性を期待できます。


また、フローリングならではの見栄えや使いやすさを損なわないよう、最近では、フローリング専用のタイル敷きカーペットなども販売されていますので、こういった製品を上手に選ぶ事で、生活音や騒音を未然に防ぐことが出来ます。
また、カーテンなどにも遮音性を謳う製品が多くありますので、こういった製品を設置する事で、車などから出る騒音を防ぐことが出来ます。

私は家族で一戸建ての住宅で暮らしています。

私の暮らしている住宅は、5年前に中古住宅を購入しました。
築20年の物件を購入しています。


私の家は木造二階建てで屋根には瓦が葺いてあります。

しかし屋根瓦は塗装が剥がれて薄くなっていました。
私は屋根の瓦の塗装をしてもらうことに決めました。


ネットで業者を探すと、多くの業者が見つかりました。

ネットの中では多くの口コミや、事例が載っていました。


私はその中で多くの屋根瓦の塗装事例が載っている業者に決めました。


口コミを見ても良い事が多く記載がありました。

私はネットで検索して見つけた業者に連絡して、住まいに来てもらいました。

業者の方は屋根に上がり瓦を見て、状況を確認していました。

業者の方は早い内の瓦の塗装を勧めてくれました。

私は業者の方から屋根瓦の塗装見積もりをもらいました。
見積もり金額はとても安いと感じて、工事をお願いしました。

業者の方は数日後の天気の良い日に、作業に来てくれました。
屋根の瓦をキレイに水洗いをしていました。


そして翌日から工事が始まりました。

吹付けの機械を使い、屋根瓦に吹付けをしていました。

同じ場所を何度も吹き付けることで、塗装の皮膜を厚くしていました。


業者の方は工事に入り、一週間ほどで屋根瓦は綺麗に仕上がりました。

業者の方には10年に一度くらいのペースで、屋根瓦の塗装をする事を勧められました。

私はこれでしばらくは安心だと感じました。これからも安心して、家族で暮らして行きます。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151129-00010001-shincho-ent&fb_comment_id=1088577981159901_1088651774485855
http://girlschannel.net/topics/721340/15/
http://getnews.jp/archives/141868











Copyright (C) 2016 集合住宅の防音には専用のインテリア用品がお奨め All Rights Reserved.